Now loading...

採用情報

採用情報

職人になりたいけど迷っている皆さんへ

代表の内野友和です。
何かに惹かれ、吸い込まれるように、このサイトに辿り着いた方へメッセージを送ります。

私の紹介

内野友和(うちのともかず)
昭和54年11月30日生まれ。もう元号が2回変わってしまったので、1979年といった方がわかりやすいでしょか。
3姉弟の真ん中の長男として、ここ東村山市で生を受けました。

父の仕事が板金屋さんだったため、高校を卒業と同時に父へ弟子入り。
その父も高校卒業後に板金職人の祖父の元へ弟子入りをしたので、いつの間にか同じ道を歩んでしまっていたようです。(笑)
月日は流れ、現在(令和元年の秋日和に執筆中)はスタッフ7人と父と私、9人で会社「株式会社ウチノ板金」を運営しております。

建築板金業とは?

建築板金業という一般の人からすると自動車の修理をしそうな、この業種。
(よく間違い電話があったりもして、全然気にしてはないのですが・・・)

建築板金業とは一言でいうと「屋根屋さん」。
二言でいうと「建物の屋根・外壁に作ったものを取り付ける職人さん」。
三言でいうと「風雨から建物を守る為に、加工した板金材等を建物の屋根や外壁に取り付ける職人さん」です。

板金とは文字通り、板状の金属のことを指し、聞き慣れたものでいうと「トタン板」「ブリキ」「銅板」「ステンレス」等があります。
その板金を切ったり、折り曲げたり、穴をあけたり、繋げたりし、屋根や外壁へ取り付けるのが主な仕事です。

なんで板金がいいの?

板金(金属)は雨や風を通さないことから、屋根や外壁や雨樋(あまどい)に利用をされています。
また素材自体が軽く加工性も良い為、現在の建物(特に一般住宅)にはとても良い材料として多く汎用されてもいます。

板金屋さんって今後どうなっていくの?

インターネットの普及によって20年後、今ある職業の半分がなくなるといわれおります。
日々劇的に変わる世の中で未来の事を予測することはナンセンスですが、建築板金業はまだまだ存在し続ける業種だと思います。

建築物は唯一無二の物だから

いくら同じ設計図・同質の資材でつくった建物も、絶対に同じものは存在しません。(建売住宅も然りです)
それは最終的に人が手を加えるという、非機械的な部分が存在するからです。
また建造物の環境(陽当り、風当たり、道路、隣接物・・・)は全て違い、劣化スピードも異なります。
このように建造物は唯一無二のものであり、同時にメンテナンスもそれぞれが異なり、私たちの生活に必要不可欠なものだからです。

建設業界の中で板金屋さんの存在は貴重・希少だから

建物を風雨雪などから守る板金屋さんは、災害大国の日本ではとても重要なポジションを担っております。
「地震・台風・ゲリラ豪雨・大雪・雹」このような災害があった時、特に必要とされる建設業の職種は板金屋さんだと思っています。
また建設業は3K(きつい・きたない・危険)という言葉がつきまとわり揶揄されてきました。
その中でも板金屋さんは夏は暑く・冬は寒い、更に技術の会得が難しいということで職人さんは他の職人さんと比べ、目指す者が大変少なく、希少な存在になっているのが現状です。

建設業界の希少な技術を会得し、自分の生活が豊かになる。希少価値が高い建築板金職人の未来は明るい。チャンスだと確信しています。

板金屋さんって難しいの?

難しいです・・・。
この道、20年を超えた私もまだまだ毎日が修行です。(笑)

ただ難しいということは、「やりがいがある」という事と同じ意味を持ちます。
1年、2年で会得できる技術は本当の技術ではありません。
一生懸命仕事に向き合い、試行錯誤を繰り返しやっていくことで、自然と身につくのが本当の技術です。

私も、父も、今いる職人さんも、誰もが初心者からはじまり、様々な現場で仕事をこなし、建築板金技術を会得してきました。
誰でもできる仕事や簡単な技術があればできる職は競争社会に埋もれてしまいます。
難しいからこそ、やりがいがあり、希少な存在になれる。

未経験だけど大丈夫でしょうか?

弊社ウチノ板金は未経験者を大歓迎しております。
大歓迎どころか、未経験者の方を特に優遇しております。
なぜかというと、現在ウチノ板金で活躍をしている職人さん達が全員未経験入社だからという理由があるからです。

未経験というと「足手まといになるのではないか」「仕事をおぼえられるのか」と、まずネガティブな発想になります。
しかし、彼らは皆、今まで経験してきた職を生かし、板金技術を会得したいと志高く仕事に勤しんでいます。
また同世代(20代~30代しかいません)が多く、話も合うのでお互い切磋琢磨して技術・知識の向上を目指しています。

「みんな最初は初心者」を合言葉に、初心者時代の悩みを忘れずに先輩職人が技術を教えますので安心してください!!

他の会社と比較したウチノ板金の働き方

日給月給制ではなく固定月給制

まず他の建設会社と異なる所をあげるとすると給与体系が「日給月給ではない」ということです。
「日給月給制」は簡単にいうと「月の出勤日数×日給=月給」ということです。
建設業の多く(特に現場系)は「日給月給制」を採用する会社がほとんどです。
仕事をした分が給料となるのが、よくある職人の世界です。
しかし、建築板金の業界というのは、ちょっと特殊なんです。
それは「天気」と常に対峙しているからです。

雨・雪・大風があると屋根工事作業は危険を伴う為、工事を中止せざる負えない状況があります。
日給月給制の給料体系の場合、仕事がお休みになってしまうと、お給料が少なくなってしまいます。

日本は雨季が年に2回、夏の終わりから秋に台風もありますし、真冬は東京でも大雪が降ります。
このような独特な気候の中、日給月給制をとってしまうと、生活に不安定が生じると思いませんか?

なので、ウチノ板金では完全月給制を採用し、職人さんといえど、俗に言うサラリーマンと同じように安定感のある固定給制度を採用しております。
1月の年始休みがあっても、5月のGWがあっても、8月の夏季休暇があっても。月単位のお給料は同じなのです。

ボーナス(賞与)がある

これは会社の業績と本人の頑張りによって変動するので、必ずとは言えませんが「あります」。
6年前に株式会社となり、私が代表取締役に就任してからボーナスがないということはありませんでした。(年2回支給)

職人さんでボーナスがある所はまだまだ少ないようですが、個人の頑張りと成長が会社の繁栄につながりますので、当たり前の事としてこれからもボーナスの支給は続けていきます。

有給休暇はあるんですか?

これも当たり前のことですが労働基準法に準じた有給休暇制度で、みんな自由に子供の運動会、家族旅行、友達の結婚式等のプライベートなお休みは自由にとっています。

プライベートを充実することで、更に仕事へのモチベーションアップに繋がり、結果的に自己が成長するという良いサイクルが生まれます。

みんなが仕事をやっているから休みづらい、まだ職人として未熟だから休みづらいなんて思わず、堂々と当たり前のように休暇をとり、リフレッシュする機会が平等にあります。

社会保険ってどうなってるんでしょうか?

「医療保険」「厚生年金」「介護保険」「雇用保険」「労災保険」はもちろんあります。
また社会保険とは異なりますが、仕事中の事故(車の運転中や工事作業中に第三者へ被害を与えてしまった時)があったときに会社が職人さんを守る為に各種保険に加入しています。

皆が余計な心配をせずに、思い切って現場でチャレンジができるように、最大限のサポートをしています。

将来のウチノ板金ってどうなっていくの?

今後、ウチノ板金では建築板金の現場というものだけにとらわれず、建築板金の技術を通して多様なチャレンジができる会社に発展していきたいと思います。

職人さんが幅広く活躍できるフィールドを職人・スタッフ皆でつくりたい。

現在は現場での屋根・外壁・雨樋工事の他に、新しいチャレンジとして板金工芸品の作成・販売もしており、板金の技術を活用した事業も行っております。
板金技術からの発展で既成概念に捉われない事業展開にチャレンジする。たった一度の人生を楽しく、周りも幸せにする事を常に考えて行動しています。

最後に

「職人が生き、職人が活き、社会から必要とされ、羨望される会社をつくる」

これがウチノ板金の経営理念です。
建設業の職人さんは偏見というの渦の中で生きていると思います。
これは世間が考える「ザ・職人」の先入観もあると思いますが、大半の理由は職人自身の意識の低さだと思います。

職人が社会から羨望される為にはどのようにすればよいか。。。
身なりはどうすればよいか?
言葉遣いはどのようにすればよいか?
仕草や態度はどうのようにすればよいか?
ひとりの職人、ひとりの社会人として熟考し行動するしなければいけません。

その先に職人の新しい未来・形が待っていると思います。

私たちの求める人材像は

  • 目的を決め、目標を持つことができる
  • 時と場合を考え、現場毎に臨機応変に対応をすることができる
  • ひとりの職人としてではなく、ひとりの社会人として、誰とでも対話をすることができる

ウチノ板金でやってきて

濱野研吾 平成24年入社 6年目

私は建築板金は素人で入社し、今年で6年経ちます。

それまで飽きっぽい性格な私は色々な仕事を転々とし、ある程度仕事を覚えると飽きてしまい転職… つまらないと感じると転職… と言った具合に定職に就けずにいました。
最初ウチノ板金に入社したのも、たまたま前職を辞めるタイミングで、たまたま家の近くの会社で、たまたま知り合いがウチノ板金で務めていたからという、特にこれといった理由を持たずに入社をしました。
しかし・・・それが失敗でした・・・(笑)

職人仕事だと聞いていたので「身体を動かしてればいいんだな」という勝手な考えで臨んだのですが、実は板金屋さんの仕事は頭と手先を使う仕事が殆どで、先入観で「職人=肉体労働」だと思っていた私はびっくりしたことを今でも良く憶えています。

ここまで聞くと、ただの失敗談?入らなきゃよかったって話?という様に映ると思いますが、先にも書いた通り、飽きっぽく仕事を転々としていた私が何故続いているのかというと、永遠と学びが必要だからなのです。

板金屋さんの仕事は常にお客様のニーズや現場環境に合わせて、自らの経験と知識・技術をフル活用する。そんな仕事だと思っています。
要は毎現場の状況が変わってくる(近年は自然災害も多く)ので、求められる事が変わる、よって技術、知識レベルの向上が必要なのです。

またウチノ板金は年功序列関係なく、私のような未経験で入社した職人の意見も積極的に取り入れてくれたり、納得できない事はちゃんと説明し、分かるまで教えるという事を徹底しています。
社長が職人あがりということで、職人ファーストの環境作りを本気で実践していて、同業他社にはない働きやすい環境・体制が整っています。

今ではひとりで現場を仕上げる事も、現場の管理も、お客様への心遣いも学び、入社した時の私はどこへ行ってしまったのかと思うくらい成長していると自負しています。

これは私個人の意見なので、仕事の面白さ・やりがいに気付くきっかけは人それぞれですが、ウチノ板金に実際に勤めてみての率直な意見なので参考にして貰えればと思います。

最後に・・・
何かを変えたい!
自分は変わりたい!
そんなモヤモヤを抱いて生活しているあなた!
「身体動かしてればいいんだからと思い入社をした自分を見に来てください」(笑)

募集要項

募集業種 建築板金職人(未経験者を優遇します)
※建設現場、工場で作業をします
※試用期間3カ月
給与 年一回昇給あり
残業代あり
賞与あり(年2回支給)
募集人数 2名(男女問わず)
勤務地 東京都東村山市
※会社へ集合し、現場へ行き、現場作業後、会社へ戻り解散
※自宅から現場へ直接行く場合もあります
勤務日・時間 日曜祝日完全休暇・土曜日(一部)休暇あり(会社カレンダーによる)
有給休暇あり(労働基準法に準ずる)
7:45~17:45(日照時間の影響で春夏・秋冬で時間の変動あり)
その他 社会保険(厚生年金、雇用保険、健康保険、労災保険)あり
通勤手当あり(上限¥20,000-)
近隣住居手当あり
子供手当あり
職長(現場管理者)手当あり
資格(建築板金技能士)手当あり
休憩時間飲料無償提供
作業服、作業靴貸出あり
工具貸出あり
自家用車通勤可
その他会社負担の保険加入あり(勤続1年から)
入社前現場見学制度あり
私たちの求める人材像 1.目的を決め、目標を持つことができる
2.時と場合を考え、現場毎に臨機応変に対応をすることができる
3.ひとりの職人としてではなく、ひとりの社会人として、誰とでも対話をすることができる
こちらの動画をご覧いただいてから、お問い合わせください
応募方法 電話からのお問い合わせは0120-94-5251へおかけください。
フォームから応募は求人専用フォームからご応募ください。
LINEから応募の方は、下記QRコードをからご登録の上、内容を送信してください。
ウチノ板金 LINE公式アカウント
担当 代表取締役 内野友和

応募フォーム

下記フォームをすべて入力後、「送信」ボタンを押してください。

お名前
フリガナ
電話番号
メールアドレス
性別 男性女性
生年月日
ご住所
ご希望の連絡時間帯
学歴・職歴
※スパム対策のため、ひらがなが含まれないと送信できません。
自己PRをお聞かせ下さい
※スパム対策のため、ひらがなが含まれないと送信できません。

ページトップ